破産宣告を考えている人で抱える債務にあたりほかに保証人が存在するときにはあらかじめ相談をしておくべきでしょう。善玉菌のチカラ 薬局

ここにおいて、改めて言いますが、借金に保証人がいるときは破産申告前にちょっと考えておかなければなりません。

なぜなら、自分が破産してOKが出ると、保証人がみなさんの返済義務をすべて払う必要が生じるからです。

ということから、破産宣告の前に、内容とか現在の状況を報告し謝罪をしなくてはいけないでしょう。

これは保証人になるひとの立場に立つと当たり前のことです。

あなた自身が破産手続きを取ることにより、まったなしに膨大なローンがふりかかってくることになるのですから。

それで、その後の保証人の選べる道は以下の4つです。

一つめは保証人となる人が「みな返済する」という手段です。

あなたの保証人がそれら多くのお金をポンと支払うことができるほどのような資産を用意していればこの方法を取ることが可能になります。

ただむしろそのまま破産申告せずに保証人となる人に立て替えを依頼して、自分は保証人となる人に月々の返済するということもできるかと思います。

もし保証人が債務者と関係が良いのなら、返金期間を長くしてもらうことも問題ないかもしれません。

耳をそろえて返金ができない場合でも業者側も相談で分割に応じるものです。

保証人に自己破産をされてしまうと債権がすべて返済されないことになるからです。

保証してくれる人がそのお金を全部立て替える財力がなければ、債務者とまた同じく何らかの方法による負債の整理を選択することが必要です。

2つめは「任意整理をする」ことです。

相手方と示談する方法で、3〜5年のあいだで弁済する方法になります。

この問題で弁護士にお願いする際の経費は1社につきだいたい4万円。

もし7社からの契約があれば約28万円いります。

当然貸方との示談は自分でしてしまうことも不可能ではないかもしれませんが、法律や交渉の経験のない方の場合向こう側が自分たちにとって有利なプランを投げてくるので注意する必要があります。

ただ、任意整理を行うとしても保証人となる人に借り入れを負ってもらうわけですから、あなたもたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返済を続けていく義務があります。

次の3つめは保証人となっている人も返せなくなった人と同じく「破産宣告する」という方法です。

保証人である人も返済できなくなった人と同じように破産申告すれば保証人となっている人の債務もなくなります。

ただ、あなたの保証人が住宅等の不動産を所有しているならばそういった個人財産を取り上げられますし、司法書士等の職業についているならば影響があります。

そういった場合は、次の個人再生を利用できます。

最後に4つめの方法は、「個人再生という制度を利用する」こともできます。

マンション等の不動産を処分せずに負債整理を希望する場合や破産申し立てでは制限がかかるお仕事に従事している場合に利用できるのが個人再生制度です。

この手段なら、住居する不動産は手元に残りますし破産手続きのような職業の制限、資格制限が何もありません。