破産承認を受けたとき、どういう類の失うものがあるのかは自己破産申立を考慮した方々にとって確実に最初に知っておきたい情報だと考えられます。下に破産者にもたらされる損についてリストを箇条にしておきましょう。・公共の破産者名簿に載ります。※公の身分証明を作るための基礎資料なので大抵の人はコピーすることができないはずですし免責の認可がおりれば取り消されます。・官報上に公開される。※新聞とは別物で一般の書店では置かれていないですし、普通の人にはつながりのないものであると思われます。・公法上のライセンスの制限。※自己破産宣告者になったときは法曹、会計士、代書人、税理士などのような資格所有者は資格停止になってしまい事業ができなくなります。・私法の資格限定。※後見役、保証人、遺言実行役となることができません。加えて合名企業、合資で作った会社の社員および株式形式の企業、有限の企業の取締役員、監査役員の場合、退任理由とされてしまいます。・各種ローンやカードを使用することが許されません。破産管財人が入る事件のとき下記の制約が追加されます。・破産者自身の財産を管理、廃棄できなくなります。・破産管財人や貸主会合の要請を受ければ応対をする義務があります。・承認がなければ住む場所の転居や旅行をしてはいけません。・司法が緊急であると許可した状況では身柄を確保されるときがあります。・郵便は破産管財者に送られることになり、破産管財担当者は届いた郵便物を開けてもよいことになっています。破産となった人の不便性について一般に誤解されがちな要素を列挙形式にしました。1戸籍それと住民票では載せられません。2勤め先は自己破産を根拠に解雇することは許されません。※基本、自分から伝えないかぎりばれることはないです。3選挙権や被選挙権などの権利は停止されません。4保証役ではない場合は、近親者には代わりに払う理由は存在しません。5最低限日常に必須な家財道具(パーソナルコンピューターテレビなどを含め)服などは差し押さえられないです。破産した人のデメリットについてあげました。破産の申し立てをしたら負債は無かったことになるでしょうが、上記のようなデメリットもあります。破産申立を行う上でメリットも損失じっくりと思案した方がよい結果になるでしょう。